子育ては後悔してばかりの毎日…だけど子供が小学生になった今、思うこと。

小学生の息子2人をもつ、アラフォー主婦です。

息子2人が今より小さかった頃、子育てがすごくしんどくて、イライラしては子供に怒っていました。

こんなに怒ってばっかりで、子供はまともに育つのかな…

子供たちがいつか大きくなったときに、後悔するのではないか…

という不安を抱えながら、でもどうしてもイライラしてしまう自分に自己嫌悪する毎日で。

そこまで思うのに、なのに、どうしてもイライラしてしまう気持ちを抑えられずにいました。

ぶん

もうあの頃は自分でもいっぱいいっぱいでした…

あまりにしんどくて、どこにも気持ちの持っていき場がなかった時期は、笑顔が出せなくなってました。

結局長男の幼稚園入園をきっかけに、私にほんの少しだけ時間ができたことで、少しずつまた笑えるようになっていった感じです。

ぶん

いつも疲れて、全然笑えてなかったと思います…

あれから数年が経ち、いつのまにか子供が2人とも小学生になりました。

今は子供が小学校に行ってる間に私ひとりの時間ができて、だいぶ私の気持ちも落ち着いてきたように思います。

といってもイライラすることもあるし、子供に対して怒鳴ってしまうこともあるけど…。

ぶん

それでも昔に比べると、ずいぶんマシになりました

子供たちが小学生になって、子育てで後悔してることももちろんあるのだけど…

いま小さなお子さんたちを育ててるママさんたちに伝えたいのは、

どんなに子育てがんばったとしても、必ず何かしら後悔はあるから。

だから、「子育てで後悔したくない」なんて思って子育てしなくていいんだよ。

だって、そう思っちゃうとしんどいでしょ…?

しんどいよね。わざわざ自分で自分の首をしめなくてもいいんだよ。

がんばってる。がんばってきた。それだけで十分なんだよ…!

目次

子育てで私が後悔してること

最初にも話したとおり、わが家の子供たちはもう2人とも小学生になりまして…

そんな私がこれまでの子育てで後悔してること、といえば。

ぶん

う~ん…数え上げればいろいろあるけど…

やっぱり「怒りすぎたこと」。これかな、と思います。

ささいなことでイライラして怒ってしまったこと。

もっともっと、おおらかな気持ちで育てたかった。

自分の感情をコントロールできず、いつもイライラして怒ってばかりだった、と思います…。

特に下の子がうまれてからがひどかった。

自分の体や手はかわらず一つしかないのに、お世話する対象が2人に増えたことで、

うまくいかないことも多くてイライラしっぱなしでした…。

ぶん

…でも自分が望んで生んだんでしょ?と思われそうで、相談もできなかったんだよね…

こんなに怒ってしまって、子供はまともに育たないんじゃないか…

この子たちが大きくなったとき、後悔するんじゃないか…

って不安に思うんだけど、やっぱりイライラすることはそうそう止めれなくて。

すごくしんどい時期でした。

子供はどんな風に成長したか

あれから数年が経って、子供たちは小学生になったわけですが。

どんな風に成長したかというと、まぁふつうに成長したかなという感じです。

ぶん

わかりにくいですよね…!ごめんなさい!

というのも、幼児期の育児が、今の彼らにどんな風に影響を及ぼしているのか。

小学生になって思うのは、正直よくわからないんですよね…。

私はずっと、「子供のこういうところが育てにくい」と感じたところは自分のせいだと思ってて。

自分の子育ての仕方が悪いから、対応が悪いから、子供はこんな風になるんだと思ってて。

でもね、子供たちが小学生になって会話がまともにできるようになって思うのは…。

ぶん

うん、気質だわ。気質。

もう子供がうまれもった気質。

正直子育てが大変になるかラクになるかは、それに寄るところがいちばん大きい!…と私は思います。

育てやすい育てにくいは子供の気質によって大きくちがう

わが家の息子2人、同じ親からうまれたのに、全くもってちがうんです。

怒られたときの反応も、もうね~全然ちがう!

失敗したとき、嬉しいときの感情の表し方も、何から何までちがう。

これは正直、幼児のときはいまいちわからなくて。

私の子育ての仕方が悪いからだと思ってたけど、子供が成長したらはっきり気質のちがいだとわかるようになりました。

ぶん

正直、ちょっとほっとしました…

もちろんそれぞれの気質に対してのうまい対処法があると思うけど、、

それでも私が全部悪いわけでもない…のかな…と。

そう思えるようになってからは、自分で自分を責めすぎなくなったし、

過去のことを後悔することも減ったように思います。

がんばりすぎないで、いい

子供たちがほんの少し大きくなってきて。

これまで子育てしてきた中で、いまが一番「子育てがたのしい」と感じています。

それもほんとに、つい最近そう思えるようになったばかりで…

それまでは正直、子育てたのしいとは思えてなかったと思います。

たのしくないわけじゃないけど、「たのしい」とムリヤリ思おうとしていた、が正解かもしれない。

ほら、世間的に子育てのイメージって、

「子育てがたのしいのが良いママ」
「子供とすごす時間はかけがえのないもの」
「子供のために何でもしてあげるのが母親」

…的なイメージがどうしてもあると思うんですよね。

ぶん

でもそんな「いいママ」って、結局都合よく作り上げられた幻想のイメージというか。

子育てはめちゃくちゃ大変…なのにグチが言いにくい

子育てって、大変…。いやもう、ほんと大変。

まれに「子供と一緒にいれてたのしいです~!」ってママもいるかもしれないけど、

四六時中子供と一緒にいたら、大半のママは「もう~~~~~~~ほんと嫌っっっっっ…!!!!!!!!」てなると思うんですよね。

めちゃくちゃ大変だし理不尽だし、子供のワガママばっかり聞いてなんか自分奴隷みたいだな…って思うこともあるけど、

それでも時々ふっと子供を「かわいい」って思える気持ちがあるから、何とか踏みとどまってやっていける。

少なくとも私はそうでした。

そして、これが仕事ならおおっぴらにグチが言えるのに、子育てはグチがなかなか言えないんですよね。

仕事なら仕事仲間と「も~マジで上司最悪!」とか「仕事終わらん…ブラックすぎる」とか、

グチグチ言い合って飲んでストレス発散!…も可能だけど、育児だとそうはいかない。

ぶん

小さい子がいると自分の時間なんてほとんどない…

夫は仕事で忙しくて話せないし、話せたとしても経験してないから気持ちわかってくれないし。

かといってママ友と話すときは軽めのグチしか言えない…。

どこにも言えないし、行けないし、気持ちのもっていき場がない。

ぶん

吐き出せる場所がないって、しんどすぎる…

自分のがんばりを否定しないで

だからね、子育て、たとえ後悔したとしてもいいんだと思うんです。

いいんだよ。

私も後悔してる…というか、もう少しこうしとけばよかった、ってことはたくさんあるけど、

いまとなっては「ま…いっか!」と思うようにしてます。

じゃないと、あのときの自分を全否定してるような気持ちになって、自分がますます嫌になるから。

理想通りにできなかった自分、がんばれなかった自分。

って過去の自分に対してそんな風に思ってしまうから。

子育てしんどくて泣いたことも、

子供につらくあたってしまって、寝顔見ながら泣いたことも、

別にいい思い出ではないし、自分の子育て最高!とは思えないけども。

それでも、がんばって、なんとかここまでやってきた。

それだけでもういいと思うんだよね。

ぶん

だって過去にはもう戻れないから…

子育てを後悔する(かもしれない)ことを恐れないで

後悔しても、どんなに後悔しても、過去にはもう戻れない。

いまから昔に戻って、もう一度やり直すことなんて、できない。

そして完璧な子育てなんてないから…

どんなにがんばっても、大なり小なり後悔することは出てくると思うから。

だから、「後悔することを恐れずに、子育て、いまできることをやっていこう」と思うんです。

自分を、もっと肯定していい。がんばったね自分、って誉めてあげよ。ね。

私がこれまでの子育てで学んだことは、自分で自分の首をしめないということ。

自分だけはせめて「がんばったね」と思ってあげたい。…と今なら思えるんだよ。

だからあなたも、後悔するかもしれないって思うことがあっても、

何でもかんでも自分ひとりでがんばることは、難しいから。

あんまり考えすぎずに、「まっ、、なんとかなるさ~!」くらいの気持ちでやっていこうよ一緒に。

いま一生懸命やってる、それだけでもう十分。十分なんだよ。

ぶん

子供が生きてるだけでまるもうけ!


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる